タグ:中東

ーーーーNWA14年度活動報告からーーーー

NWAのセンターでは、健康で病気になり難い食事というので、いろいろな指導をしています。
現在の料理・栄養指導はラホールのカレッジで学んで来たナジマです。栄養指導の他に家庭で出来る簡単なケーキやおしゃれなデザート作りが得意です。
イスラームの大祭、断食明け、結婚式、ちょっとしたお祝いや集まりの席には必ず甘いものが出されます。ゼリーやカスタードなどインスタント物がバザールにはたくさん出回るようになりました。時にはそれ等インスタント物を上手にアレンジし、可愛いデザートに仕上げるのが女性たちの楽しみです。山村のギルギットでは今まで目にする機会もなかった、おしゃれで可愛いデザート、若い女性たちに大の人気です。
結婚を前に料理や栄養について学ぶ教室は何時でも定員がオーバーです。

またバザールでは高価で手が出ない嫁入り支度(ベッドカバーなどの寝具や室内装飾品)を自分で1年もかかって整える女性たち。縫製が出来るようになったことで近所の縫物を引き受け、ミシンや電気製品を購入する女性たち。中には「弟を私立の学校へ通わせている。その学資を稼いでいる」と、得意満面の女性もいます。
自立や自活には遠くても、現金収入に繋がることも学べる。そうした女性たちの話を聞いた村人は、「NWAセンターへ通って勉強をするのならば…」と、通うことを許可する家族が増えています。

中には、昨秋からアシスタント教師になったサイバのように、センターを「逃避」の場所としている女性たちが過去にも何人もいました。  サイバは14歳で結婚させられ、15歳で出産。嫁ぎ先では家庭内暴力など色々あって17歳で離婚。子供を嫁ぎ先へ残して実家に戻って来たものの居場所はなく、NWAのセンターが唯一の逃げ場でした。  「とにかく家から1時間でも良いので離れたい、離れれば深呼吸が出来るからと、殆ど誰とも口も利かずに黙々と3年半も通っていた」とは、センター相談役の話です。
家人がサイバのセンター通いを黙認していたのは、センターが女性だけで運営され、安心の出来る場所だと地域で認識されているからでしょう。そして手に技術も付き、新入生の指導を手伝っていました。昨秋のギルギット訪問時、結婚退職で教員に欠員が出るというのでサイバと面接。すぐにアシスタントとして働いて貰うことにしました。話が決まった時のサイバの恥ずかしそうな笑顔が忘れられません。教職員たちの間でも「サイバが笑顔を見せた」と、しばらくは話題になったくらいです。アシスタントとして働き始めたサイバ、日に日に明るい顔になり、近ごろではたびたび笑顔が見られると周囲は言います。

2002年からNWAの教室で刺繍を専門に教えているシャザディ33歳は未婚。パキスタンの田舎では15歳~18歳で結婚することが多く、30歳を過ぎての未婚は非常に稀といえます。イスラーム(教)、神から下された聖典コーランには、「結婚はしなければならないイスラーム教徒の義務」と書かれています。神から下された言葉(聖典)に100%従うことこそがイスラーム教徒に課せられた生き方です。 近年では識字率も上がり高学歴女性の結婚が遅くなっているとはいえ、25歳を過ぎて未婚でいることは恥ずかしく、また肩身が狭いことでしょう。シャザディの意志には関係なくとも、聖典コーランの教えに添っていないのですから。
シャザディも家庭に問題があり、結婚が出来ず、家にも居場所がない者の一人です。教職員や通って来る女性たち一人一人と言葉を交わす機会は僅少ですが、それでも多くの女性たちの逃げ場、拠りどころとしてのセンターが担って来ていた役割は大きなものです。

センターが完成した当初は、あれもこれも…と様々な活動を考えたものでしたが、今では欲張らず、女性たちの「避難場所」「時には駆け込み寺」である事実を大切にし、地域のオアシスとしての存在に意義を深めて行こうと考えています。



次回は、算数教室:初等教育を取り巻く環境と、今後について

仕事柄(旅行会社の他に、首都では大手に入る広告代理店を経営している)我が事務所には、普段からパキスタン人の新聞記者やTV報道関係者がたむろしている。で、報道の裏話等をも聞く機会があるのだが…… 先般、スワット地域で武装勢力のタリバーンに襲撃された少女についても色々と聞いてしまった。

そのうちの幾つかはオバハン自身が感じていた疑問で、パキスタンで最も栄誉あるナントカ賞を受賞したのが12歳。12歳の少女が書けるブログではないというのも疑問点の一つだった。またパキスタンでは最も閉鎖的な地域、パシュトーン族に生まれながら、どんな家族の中にあって、そうしたブログが書け発信出来たのか等々、等々。 新聞記者たちから詳しい事柄についての確認が出来たことで納得をしながらも、悔しいがまたまたここには書けなくって残念だ。しかし何にしても「裏」のある話だということだ。

まずは彼女が襲撃されたことへの同情と、かつ朝から晩までTVは彼女に関する報道ばかりで、お人好しで直情的なパキスタン人の多くは簡単に洗脳され、先週金曜日の礼拝は「彼女が命を取りとめ回復するように」との全国的な取り組み(礼拝)になったと報道関係者たちは口を揃える。
おかげで預言者ムハンマッドへの冒涜に対する抗議と、無人機による無差別的な攻撃に対する反米活動への「眼」が逸れたと。

パキスタンの報道関係者たちの眼は厳しい。スワットから軍のヘリコプターで首都へ移送されて来た時の服装は、ヘリコプターに乗せられる時と降りる時では違ったから、どこで着替えたのか?とか。首都一番の病院ではなく、機密の保たれやすい軍病院に運んだとか等々、等々、等々。

いずれにせよ、「裏」があろうとなかろうと、彼女の傷が発表されているほど酷くはなく、1日も早く治るようにとオバハンを含め、多くの人は祈っているが。

パキスタン国民のために、新たな祝日が増えた。 当地政府の発表によれば、明日9月21日(金)は『イスラーム教 預言者を愛する日」と制定した。何事にもスローで決め事の出来ない政府(役所)としては…と、皮肉な目で見てしまった。

きのうから続いているデモはきょう20日になって一般学生が加わり、一気に激しさを増した。政府は思いっきり神経質になっているようで、昨日の早い段階で金曜日には学校や役所を臨時休みとすることを決めた。一部、危機管理のシッカリしている欧米の機関などは、すでにきょうから休みになっているところもある。

普段はさほどの交通量でもないオバハンの家の通りだが、大通りが閉鎖になっているせいで、午前中はひっきりなしに渋滞した車の警笛が聞こえ、救急車やパトカーも走って騒がしかった。それらが急に静かになったと思ったら、オバハンの家の通り400mには一般車両が入って来れなくなったと。通りの両側の交差点には積み上げられたコンテナ。一般車だけではなく、通りに事務所がある人間と住人以外は身分証明書を見せないと入れてもらえないという。たぶんオバハン以外にも要人が住んでいるのであろう?!?!

車輌が通れなくなったので出入りに不便極まりないと思ったが、夕方になってニュースを見ていたら1㎞くらい離れたところにある首都随一のホテルでは、積み上げたコンテナを乗り越えた若い人たちが火炎瓶等を投げ込んだりしているではないの。警官たちは催涙弾を撃ちまくっているし、警官・デモ隊双方とも激しく、真剣な攻防戦。 明日はさらに荒れるというので、交通機関を初め商店街等もすべて閉まるという。
お客さまもおられることで少し買い出しを考えたが、うかつに外出できない雰囲気だった。ま、いいか…1週間や10日くらいの籠城分、食料ならあるし。

コンテナを積んで通行止めにしていなかった通りには焼かれた車、バイクが散乱。 オバハンの家の通りの両端、交差点にコンテナを積み上げ、一般車や人が通れないような措置をして頂いた警察の方々には、ただただ感謝! 

ラマザン(断食月)も最終日になった。例年よりは暑さのマシなパキスタンだったとはいえ、断食をしている人たちには長い29日間だったろう。未明3時に過ぎに飲み食いし、日の沈むまで飲み食い喫煙、快楽のすべてを絶って神の教えに従う人々は、イスラーム(清浄・平和)という共通の思いに支えられているが…夕方になると仕事には身が入らず注意力散漫。   オバハンの言うことの半分も耳に入らないスタッフも多く、ぼ~~っとしているからこっちにはイライラが募る。 

それにしても… 今年のラマダンは今までとは若干、様相が違うような気がしてならない。3歳弱と5歳になる子供にまで断食月の意味と戒律を話し、外での飲み食いは禁止だと言い聞かせながら行った公園では… 飲み食いをする大人を見かけた。陽射しの強い野外バザールでも、喉の渇きを我慢しているオバハンたちをしり目にコーラを飲んでいる女性がいる。ウチのイスラーム教スタッフでも断食をしない者が4分の1も居る。以前には考えられなかったことだわ。

おまけに…この心の清浄を保ち平和を念じる聖なる断食月に、アフガンからパキスタンへ抜ける国境検問所を武装勢力3百数十人規模が襲ったとかで戦闘になったと。 確か3ヶ月くらい前、オサマ・ビン・ラディン殺害発表があった直後にもアフガン・パキスタン国境沿い、チトラルに近い同じような場所で武装勢力3百数十人と、それを上回るくらいの軍隊や警察との戦闘があった。断食月だというのに、なんとも血腥い話だ。かってのまともなイスラーム教徒にはあり得ない… やっぱり背後から操る勢力でもあるのかしらんと、ついつい深読みしてしまう。



サッカーボール5500個は東京港での通関が無事に終了、きょうNWAのメンバーに手渡されると。 いよいよ被災地へボールをお届けできる。皆様のご協力に深謝~~~

きょうは、ようやくギルギットの母子センターヘ電話が通じた。ギルギットでは10日ぶりに、1時間半ばかり電気が来たので携帯電話に充電が出来たと。 
「電気がないので製粉も出来ず(ガソリンがないので水車のある郊外へも行けず)、多くの家では石臼で小麦や雑穀を砕いて食べ始めている。平野部から1本道の幹線道路であるカラコルムハイウエーが寸断されて20日近く、燃料もプロパンガスなども北方地域へは入って来なくて、屋敷内の樹を切り倒して燃料にしている。生木なので燃えにくく、調理もままならない状況」と。 しかし自宅の敷地や畑の内に樹があれば切れるが、樹がなければ切ることも出来ない! だが、自宅が流されたわけではないから、まだ救われていると。

車輌の燃料は、先月末の25日から市場になくなり始め、もう10日も前から給油所にはスッカラカンだったと。センターの送迎車は手持ちを大切に使って来たが、ついにそれも尽き、明日から正式に無期限閉鎖に入る。 ギルギット近郊への輸送もストップ、マジで住民には飢えが出ているという。

パキスタンの全土、川沿いの低地では水が浸き多くの人々や家畜が被害が出た。埋めるに埋められない家畜の死体が、水の引いた泥濘の上に累々と転がっている。 家を無くした人、食料を求める人、そうした人々への支援は、「核兵器を持っている国に支援は必要なのか?日本人はお人好しすぎる」という言葉では済まされないと、超お人好しなオバハン個人は考える。人には、それぞれ色々な思いがあって当然だ。だが、身近にそうした困窮した人々がいるなら、それをオバハンは見過ごせない。
先般も、日本では幼子が母親に見捨てられ部屋で死亡している。何件もの、こうした痛ましい事柄が日本では起こっているようだが、「母親にはホストクラブで遊ぶ金があるんだから、子どもたちを助けてやらなくても良い」という、卑近な例にも等しい。 
ボランティアなるものは、出来る者が出来ることをすれば良いだけのシロモノで、所詮は自己満足のなせるわざだ。 他人を本当に助けることなど、出来ない。ただ、可能ならば、僅かでも困っている方々のお手伝いを…と思うだけだ。 70歳近くになっても自分の父親からの言葉、「他人のお役に立って一人前」を大切に守っているオバハンだ。お手伝い出来ることの余裕を有難いと思う。

たいした支援活動は出来ないが、皆様方からのご協力をお願いするばかりだ。

↑このページのトップヘ