昨夜は七夕、庭から小ぶりの篠竹を切って来て七夕飾り。と言っても家にはオバハンだけなので、家族の健康とオバハンのボケ防止をお願いする短冊6枚を吊り下げただけだ。パキスタンへ移住して40数年、これまで七夕の夜には星が見えないのが普通だった。早い話が一度も見えたことはないのに昨夜は見えた。とは言うものの大気汚染度が高いので、見えるのは3等星くらいまでで、日本で言うところの織姫・彦星は見えたからまぁヨシとしようか(なにがヨシなのかはさておき) そして未明にはやわやわと広がる羊雲、陽の差し昇る寸前に羊雲の東下端がピンク色に染まり、雲の隙間から見える青空と相まってのコントラストに一瞬眼を見張った。色鮮やかというか・・いつものように描けるものなら描いてみたいと思える空だったな。
きょう日中は3日ぶりに快晴、湿度もあって汗が出る。

それにしても・・日本人というのは大きな変化を望まない国民なのかな? 都知事選挙、小池現知事の約291万に対し、若い石丸さんとやら2位で得票数約166万票も得て健闘したのはわかる。だがこれをもって「永田町には世代大事だという機運が出て来ている」と考える人もあるらしい。しかし・・基本的に日本人の多くは保守的と言えそうだとオバハンは感じているのだが、どうだろう。
自民党の政治資金規正法に関しても、刑事告発されていた議員などで既に起訴されていた人を除く40人余を、東京地検は不起訴処分にしたっていうし・・現政権が大鉈を振るって刷新しようという気概にかけるわな。あぁ~~溜息だわ。