あちこちを検索して廻っていたら、産経新聞の見出しに「牙をむいた赤いモスク」というのがあった。
記事は有料で読めなかったから中味については知らない。しかし、なんちゅう見出しなんじゃぁ~~ 3流週刊誌並みの見出し、そして事実誤認も甚だしい!!! 
モスクは爪を研いでいたとは思う。しかし建物の外見がやや赤っぽいだけで、中味は赤くない(キッパリ)。7月12日②参照のこと・・・
牙を剥いたのは、何らかの都合によって動かねばならなかったムシャラフ大統領側じゃないの~~


韓国人23人誘拐、アフガン国軍が監禁場所一帯を包囲と。
監禁場所周辺のカラバーグ一帯は、アジア・ハイウエー①の両側に土漠が延々と広がるだけの場所で、2004年当時は地図のカラバーグ地点に2軒の茶店があるだけの淋しい村だった。
たぶん今も昔ながらの部族社会であり、部族長が権限を持っているであろうが、その部族長の呼びかけが上手く行っていないという。
昨年は約2000人の韓国人が、奉仕や宣教のためにアフガンを訪問と。
また先月、カーブルで自爆テロに巻き込まれた日本人グループの大半も公募のスタディ・ツアーでアフガニスタン支援に参加していたと。善意での支援活動とはいえ、最近のアフガンでの活動には大きなリスクが伴っている。
スタディ・ツアーで参加、自爆に巻き込まれた日本人の方は全身に爆弾の小破片が食い込み、全治6ヶ月の重症で治療はなかなか大変らしい(報道では上腕骨折のみ)。
臆病者で逃げ足を誇るオバハンなどは、アフガンでの支援活動をイスラマバードから電話やメールで指示し、(恥ずかしながら)現地へは行かぬくらいだ・・・ 
毎年、幾つもの事故処理をする関係で、万が一、事故になったらどれだけの迷惑を周辺にかけるかを知っているだけに、「行かぬ」というよりも、オバハンの感覚では「行けぬ」。

日本人が自爆テロに巻き込まれた時、朝日新聞では「こんなことで支援活動が頓挫してはならない」なる論調の論説を書いていた。確かにこんなことで支援活動が頓挫してはならないのだが、昨今のアフガン事情は厳重注意を重ねても注意しきれないファクターが増えすぎたと思えるから、やっぱり、この時期の個人旅行や、一過性の支援活動は無謀だと思うな・・・

アメリカは(パキスタンに対しても)、徐々に正体を現して来た!
米国土安全保障担当がCNNテレビなどで「911同時多発テロの首謀者オサマ・ビン・ラディーンがパキスタンに潜伏、勢力を盛り返しているから、あらゆる手段を使って逮捕したい。パキスタンへの米軍派兵の可能性についての選択肢も、排除はしていない」だと・・・  

そもそも、オサマ・ビン・ラディーンについては、911同時多発テロの首謀者ではないとする、FBIの公式報告書が昨年だったかに出ている(報告書、英文は各自検索のこと。オサマ・ビン・ラディーンは幾つかのテロ事件の首謀者ではあるが、911同時多発には関わっていないとされている)
にもかかわらず、米国土安全保障担当がCNNなどのメディアで述べているとしたら、由々しき問題であり、パキスタンへの圧力を高め、イスラーム教徒の反発をわざわざ招くための発言、パキスタン国内をより混乱させ、派兵の理由を増やすためとしかみえない。
もっとも、ムシャラフ大統領はすでにアメリカからイスラーム原理主義者、過激派掃討のために莫大な援助を受けた由、それによって今さら「過激派掃討が出来ない」とは言い出せないのだが・・・
アメリカが言い募ったように、イラクに大量破壊兵器があったか?
オサマ・ビン・ラディーンが911の首謀者ではなかったにもかかわらず、アフガン空爆に踏み切ったアメリカ。
パキスタンの山岳地域に、まだオサマ・ビン・ラディーンが潜伏しているか?
アフガンやパキスタンの部族地域、山岳地帯を知っている者なら、透析を必要とする人間がそんな場所で生きられないことを、直ちに理解する。

パキスタン全土からイスラーム過激主義者を排除する旨、全国民に向かって理解を求めるべくムシャラフは演説。 しかし、ブッシュこそがキリスト教狂信者、過激者ではないのか?


韓国人23人の拉致については、アフガニスターンに在る日本大使館もアタマを痛めていることだろう・・・ 
なにしろ、我々日本人は外見が韓国人と酷似している。一昨年からタリバーンが拉致予告を韓国人に対して出していたのは、いかなる理由か? 韓国人といい中国人といい、彼らが反政府勢力のターゲットになりやすい因は何なのか?
韓国政府は21日、アフガンを旅行禁止国に指定、早期出国を促したという・・・

もし、韓国人たちが普通のタリバーンに拉致されたのであったなら・・・まだまだ話し合いの余地はある。本来的なタリバーンは「話の通じる人たち」でもある。
しかし、そのタリバーンがアルカイダの影響を受け、アルカイダの戦略を踏襲しているグループなら、事態は憂慮すべきだと思う・・・ いずれにしても、アタマの痛い話ではある。

アフガニスターンの首都カーブルから車で南に2時間ばかり、ガズニ州で18人(23人)の韓国人がタリバーンに拉致されたとの報道。聞くところによれば韓国人たちは護衛もつけず、また政府へも首都圏外へ出る旨の届出をしていなかったとか。ガズニ州知事は「護衛もつけずに走っている韓国人グループが悪い」と言い切っている。
韓国人に対しては、一昨年から「拉致予告」が出ていた。外見が韓国人に似ているオバハンたち日本人は、車での移動を一切やめていたし、パジェロやランクルなど支援団体の外国人たちが使用する車種にも、乗らないように、そしてチャドルを深く被り顔も出さないようにと気遣って来た。

タリバーン政権が崩壊後の2002~2004年前半くらいまでは、国民が新しいアフガニスターンに期待、治安がまぁまぁ落ち着いて国内を走り廻れたものだが、その後は徐々に悪化。
アフガニスターンの事情を知れば知るほど、気軽に陸路などは走れなくなっている。
特に一昨年くらいからは、軍人や警官による車上荒らしも横行、陸路移動などは控えなければならなくなっていた。政府は偽軍人、偽警官の仕業だとしているが、中には政府から派遣された護衛の兵士が銃を向け、僅かな金品を欲しがる例にもオバハンたちは直面している。
護衛があったとしても、時と場合によっては危険が伴うアフガニスターンを見たいと若者から相談を受けるが、「どうしても必要な仕事以外には行くのを止めなさい」と、アドヴァイスするのが通例になっている。
若者に限らず、一過性のNGO活動もしかりだと思っている。
事故に遭ってしまえば活動は頓挫、そして周辺にかける迷惑は本人たちの考えている以上になると思う。


「自殺したイスラーム教徒は天国へ行けない」と、コーランには書いてある。
しかし、911同時多発テロ犯たちがツインタワーへ突っ込んだ行為を、エジプトだったかの宗教裁判所が「是」として以来、自爆テロが世界に蔓延し出した。
数年前までパキスタンには「自爆テロ」なる行為は皆無。極く、たま~~に自爆テロがあったと聞くと、「パキスタン人の行為ではない」と断定したものだが、911同時多発テロ以降、テロの歴史も変わったようだ・・・。
金品目当ての営利誘拐とは異なる、「拉致=政府に対する何んらかの要求」という手法も、第二次湾岸戦争以降のイラクから、たちまち世界の各地へ波及しだした。
どちらも国際テロ組織アルカイダが世界に広めている戦略だ。そして10年前には一般的ではなかったインターネットが、それらののテロ行為を後押ししている。

ラール・マスジッド事件以降、パキスタンの北西辺境州を中心に吹き荒れている自爆テロだが。不思議なことに最高裁長官の復帰が決まった昨日は、自爆テロがなかった。
ムシャラフ大統領は、その偶然をどんな思いで見ているのかな?

↑このページのトップヘ