2007年07月12日の便り(1)より
-------------------------
「軍がマスジッドに突入!」
大勢が決した段階で、マスジッド立て篭もり事件が終わったと思っている報道が多いようだ。確かに世間的には「事件」は終了したが、たまに爆発音らしきものが聞こえているから、まだ完全終了ではないかも。むしろ、治安悪化の開始とも言える…。
巷の話では、マスジッドに最後まで立て篭もっていた人たちは、かつてアフガニスターンで聖戦士(ムジャーヒディーン)として戦い抜いて来た人たちで、抵抗は激しく最後の最後が一番の脅威(自爆)で、軍は突入できないんだとか。さもありなんと思う。

4年くらい前だったか、UNの爆発処理班の取材をアフガニスターンでしたことがあって、僅か5kgだか10kgくらいだったかの火薬処理に1km以上も離れた岩陰からカメラを回したことがある。その爆破時に立ち上った火柱は100mもあったし、1km以上離れた場所でも結構な爆風があった。在パキスタン日本大使館隣のエジプト大使館爆発では、テロリストたちは200kgの火薬を積んでいたと言い、10km近く離れたわが家でも窓ガラスが割れている。
雪崩と違って、火の手が見えた瞬間に物陰に伏せれば良いと学んだが、いずれにせよ最後の1人が逮捕されるまで自爆の危険は去っていないと思う。

立て篭もりには女子どもが人質になっていて、それにもかかわらず突入した軍に対する批判が内外から大きいが、汚濁にまみれた現世より殉教による天国を純粋に望んだ女子どもがあったと解釈すべきだろう。洗脳されていたとも言えるが。

立て篭もりの指導者、ガージー師の遺体は軍のヘリコプターで彼の生まれ故郷へと搬送され、そこで肉親などに見守られ葬式が営まれる。アメリカに媚びていると、現政府には激しく抵抗したガージー師だが、それを殉教者として手厚く葬らねば国民の反発はさらに大きいというところだろうか。先般、女装して(女装させられて)逃げ出そうとした兄も葬送には参列するという。

我が家の前に駐屯していたレンジャー部隊の姿がまばらになった。
救急車もいなくなった。
報道陣用の会場も片づけが始まった。
丸10日間、実に長かった…。

2007年07月11日の便りより
-------------------------
最終オペレーション、突入から27時間たった今もドッシ~ン、ポワ~ン!と重爆発音が止むことなく続いている。もっとも昨夕からの爆発音はくぐもった音に変わっているから、地下でのオペレーションだと思う。近場にいるので爆発に伴う振動も感じ、時折、タタン、パンパンと短く応戦する銃砲かピストル音も止むことなく聞こえているから、治安部隊は1部屋1部屋を慎重に確認し、狂信者たちを掃討しているのだろう…。

ロイターを始め各社のニュースは時折の爆発音というような書き方だが、爆発音や銃声はまだ延々と続いている。
マスジッドでは指導者のガージー師も亡くなり、立て篭もり側の狂信者、軍人、人質??などにたくさんの犠牲者が出た。国内外からムシャラフ大統領を非難する声が沸きあがりそうだが、事件から1週間以上におよぶ延々と投降を呼びかける政府の声、宗教指導者・元首相などなどによる努力などを近場で聞き、また水・電気・ガス・食料にも事欠き、流れ弾の危険を伴う不便な生活を強いられて来た戒厳令下の住人からすると、不幸なことだが「この結果」しかなかったのだと思えてしまう。

既に当地の新聞では、反政府政党らが抗議のデモを行うと表明しているようだ。確かに多くの犠牲者が出た。しかし、遠くにいて流れ弾の危険もなく、狂信者による自爆に怯えることもなく、不便な生活も体験しなかった第三者に何が解るのかと言いたい。ここ4日で大統領の眉間のシワがどんなに深くなったことか…。

英国BBC放送が「アル・カイーダのナンバー2、ザワヒリが小説『悪魔の詩』の著者サルマン・ラシュディ氏に爵位を授与した英国に、報復攻撃すると警告した」と報じている。欧米の感覚ではイスラーム教の創始者を貶めるのは快挙なのかもしれないが、イエスキリストを貶められたらどんな気がするのだろうか?池田大作氏を貶められたら創価学会員たちは黙っているのだろうか?
欧米はイスラーム国と事を構えたがっているとしか見えない…。

2007年07月10日の便りより
-------------------------
昨夜は、10時頃から1時まで、マスジッド側3方向を壁で囲まれた小さな空間に靴を履いたまま仮眠。睡眠不足でスッキリしない頭のまま政府による神学生との交渉を見てから再び仮眠。未明4時過ぎ大爆発音で目覚め、TVを付けると「交渉失敗」の字幕。いよいよ最終オペレーションに突入のようだ…。

この1週間の長かったこと。
双方の銃撃戦が派手な日、また昨日のように朝から比較的銃撃戦が少なかったり、嵐の前の静けさに高まる緊張、心理的圧迫感。

朝5時過ぎ、日本にいる息子からの電話。
「軍はモスクの敷地内に突入した。攻撃は最終ステージに入ったから絶対に屋上へは出ないように!」
「わかった!!でも見たい、見たい、見たいよぉ~~!」

屋上へ上がらなくとも、また自分の目で見なくとも、黒煙の臭い、催涙弾の臭いで咳が止まらない。
大音響の爆発音の度に、古い方の建物は震度2くらいの揺れ、木製の窓枠からは振動と共に小さな木切れが落ちて来るという。犬たちも恐怖なのか鳴き声がMAX。

今回(最終オペレーション)の救いは、明るくなってからの攻撃でオバハンたちの恐怖心も緩和されたということか。暗闇での爆発音、銃撃音は不安を増幅する。3日前から鉄条網の外で待機していた数10台の救急車が、サイレン音もなくオバハン宅前の道に数珠繋ぎに入って来、現場へ向かう。

現在、突入から6時間以上たつが、未だ振動を伴う大爆発音は絶え間なく続いている。対して反撃の銃声音は止んでいる…。どうぞ大きな自爆がありませんように。突入した軍人にも犠牲者が出ませんように!

マスジッドから負傷して出されて来た立て篭もりメンバーを7~8人が担ぐ。その担架の上で歯を剥き、暴れ騒ぐ狂信者。「俺に触るナァ~~放っておいてくれ~!」軍人も医療関係者も、現場近くで流れ弾に生命の危険を冒しながら担架を担ぐ。

NHKからの電話。
「朝早くからスミマセン、教えて欲しいのですが」
「取材ですか?」
「いえ安全確認です」

NHKから安全確認をされる筋合いはないと思うが、大使館も凄く心配しているというから現状説明…。
しばらくしてから「さきほどの話を、もう一度して貰えませんか?」
「これ、放送で流すのですか?さっき取材じゃないって言ったじゃないですか!いい加減にして下さい!」ガチャン!

実に失礼極まりないと思う。取材なら取材と最初に断るべきだ、ムカツク記者じゃ!

↑このページのトップヘ