未明の空、大気汚染のせいで何時ものように星は見えなかったが、一片の雲も見えなかったから「きょうは快晴だろう」との予想通り暑くなった。とは言え40℃超えが続く中での暑さ控えめの3日間、生き返った人は多かったろう。酷暑のせいで5月下旬から夏休みに入った公立校は多かったらしいが、我が家の子供たちが通う学校はきょうから8月半ばまでが夏休みだ。パキスタンにおいて教育は危機的状況にあると長年言われている。オバハンが論文を書くためにと、セッセと教育現場を調査して廻っていた10年前からも良くなった気配はゼロだ。日本では長時間労働の故に教員になる人が減っているというが、それでも一定のレベルにはあると想う。だがパキスタンの公立小中学校教員に関して言えば、算数の掛け算や割り算も出来ない教員が多々・多々、普通に存在する。そんなレベルの教員たちに習う授業は押して知るべし。また地方では学校へ通っていない子供たちも多く、初等教育の就学率は男子80%、女子70%だとされているが、中等教育になると男子50%女子40%との公式発表だが、これは嵩増しがされていると見るべきかも。ちなみに近年、教育に力を入れているインド、6歳~14歳までの中等教育を義務化し、2020年の時点では就学率99,9%と言うのに対し、パキスタンは15歳までの就学率は実質40%も無いだろう。
パキスタンが教育に費やす予算もGDPの2%以下で発展途上国の世界平均を大幅に下回り、2022年度の国連統計によれば179ヶ国中172位となっている(北朝鮮、アフガンのデータは無し) 発展著しいインドは69位で教育予算はパキスタンの倍以上GDP比4.64%。意外なことに日本は3%半で121位、既に識字率は100%近い日本だから、現状の教育システムのままで良いと考えているのであろうか? だが読み書きと算数が出来るだけで、自分で考えたり判断したりする能力に欠けた教育(受け身の教育、集団で足並みを揃えることに重点が置かれている)を見直すべき時が来ていると思わないのかね。日本には大昔から「人こそ財産」なる理念が一応あったらしいが。
日本の教育格差はどんどん広がっている、世界は恐ろしい勢いで変化しつつある・・横並びの教育のままで良いわけはない。







なんで4時に目が覚めるのかと思ったら・・4時前にアザーン(朝の礼拝への呼びかけ声)が、1昨夜から開けている窓からほんの微かに聞こえるのだと気が付いた。下町のモスクから流れ出る『何時までも惰眠を貪っているのではない!起きて礼拝にやって来い!』というような強制的・暴力的な大音響のアザーンではなく、控えめな音量が好もしい。アザーンの聞こえない家は無いと言われるパキスタンだし、聞こえない家には神アッラーの恩寵もないらしいのだが、我が家には3ヶ所くらいのモスクからアザーンや金曜礼拝のお説教も微かに聞こえるという恵まれた位置にある。
今朝も未明の気温は23℃、暁闇の中、コーヒーを手に屋上へ行く。聖クラーン(コーラン)の言うところの、白糸と黒糸の見分けが付かない時間帯が朝の礼拝の時間だ。不信心者のオバハンだが暁闇の、この時間帯は身が引き締まる(ような気がする)から不思議だ。日の出の時間は5時だが、東側に広がるカシミールの山々の後ろから出て来る太陽は、幾分か遅れて出て来る。太陽が出るまでの1時間余は至福の時間だ。
8月からパキスタンの人たちに週3回くらい日本語を教えるかもしれない‥というので、昨夜フト思い付き遅くにウルドゥ語vs日本語の資料をゴソゴソと引っ張り出していた。40年くらい昔はスタッフが30人もいて、お客様に対応させるために日本語を教えていたものだ。70歳の時に終活と称してたくさんの資料など等を捨てたのだが、もう捨てたと想っていたその資料があった!家の中に籠っていないでボケ防止にいま少し外へ出ろ!ということかもな。

自民党の政治資金にまつわる数々の醜聞を受け、国民の多くは政治不信を強めている。その政治家センセたちだが「政治家を志した者で総理大臣を狙わない人はいない」という記事をフト見かけて、20年も昔にアフガニスタンで会った(世話をした)センセを思い出した。どうしょうもなくレベルの低い俗物だった。「俺はもっと上に昇る」と大口叩くのを思いっ切りの我慢で聞いていたが、あんなのが多いと想えば日本の舵取りに期待は出来ない。ちなみに日本をダメにした歴代ポンコツ総理ランキング」なるものを見たら、岸田は3位だと。



 

時差ボケは治った模様。身体が通常のパキスタン暮らしになったようで、今朝はまだ暗い4時に目が覚め、手元のタブレットを見る。雨上がりのせいで大気汚染度は久々に「並み」と正常、気温も23℃というので3か月ぶりにコーヒーを手に屋上へ。この10日近くで暑さ慣れしてしまった身体には23℃の空気は肌寒い。4時過ぎではまだ暗くて曙には少し遠く、日本語なら暁闇と表現すべき時間帯か。しばらく座っていると雲の多い空の東側から徐々に明るくなって色が付き始め、東雲(しののめ)。しばらく前まではハナビちゃんやターボが何時も一緒だったのに・・と想いながら、淋しさを改めて認識。亭主のいない暮らしは淋しくも何ともないのに、ペットの存在は想像以上に大きかったな。大概のことは物事を都合良く考えられる、前向きというか深く考える力が無くてノー天気なオバハンなのに、ペットに関してのみ腰が引けてしまった。今いる3匹の犬たち、可愛がるのは程々にしておこう‥等、亡くした時の辛さを想うと次回はどうなることかと根性なしを露呈しているオバハンだ。

岸田政権、内閣支持率は低迷し続けているにもかかわらず頑張っているというか、衆議院解散は無いらしいし秋の党総裁選に照準を合わせているというから中々、大したものだ。3選を目指す(過去には)エジプトのカイロ大卒とか言い募っていた小池現都知事といい、宣戦布告??を叩きつけた立憲の蓮舫議員の評判もイマイチだし・・ふさわしい人はいるのかなぁ。都知事選の告示前の事前審査とやらが昨日から始まったらしいが、立候補に必要な書類を受け取ったのは1昨日までに57人だって!!立候補予定者の方々、それぞれに思うところ有り、自信もお有りなのだろうが凄すぎるな。

↑このページのトップヘ