このところ「おめでとうございます!〇〇万ルピー当選です!!」「〇〇〇ドル当選です」なるメールが毎日、何10回も入る・・ネット詐欺の種類は多彩だと感心しきり。日本(警視庁)のまとめによればネット関連の被害は6000件近く、フィッシング報告は約119万件、特殊詐欺などの認知件数は約2万件で、過去15年で最多だったとか。サイバー犯罪から身を守るヒントなる記事もたくさん出ているが、そもそも詐欺に遭う人というのは「自分は大丈夫だと思っている」とあるから、オバハンなども危ない一人かもしれない。ただし、とりあえず携帯電話は持たされているだけで常に不携帯、使い方は分かっていないし、PCにしてもイマイチ良くわからないまま25年以上も使っているのが現状だ。キャッシュカードも持たされてはいるが、使う場所は市内の2ヶ所だけと限られている。
それにしてもパキスタンでもこのところ詐欺メールが一気に増えた、詐欺メールだけではなく、オンラインによる怪しい融資の案内も増えた。詐欺メールや詐欺の電話は今更ではない、もう20数年前からもあった。「政府や、軍などの高官や元高官や親族と名乗る人物が、秘密資金の海外送金のためにアンタの口座を貸して欲しい。高額な謝礼を払うから」という話に身近な人たちが乗りかけた・・オバハンたちは大笑いをしながら詐欺犯とのヤリトリを聞いていたが、話を持ち掛けられた当人たちはオバハンたちの引き留めにも関わらずド真剣だった。中には話に乗って海外送金をした人もあった。夢を見ることは悪いことではないが、楽して儲かる話は無いだろうし、近親者の難儀に際して役立ってあげたいと想うのは悪くはないが、他人の善意に付け込む悪事は許されない。

きょうのパキスタン・ニュース。パキスタン最大の都市カラチ(人口2300万人くらいか)の治安は最悪で、路上犯罪や麻薬関連犯罪を防止するために、常習犯に電子タグを付けるという(日本では犯罪者に電子タグを付ける云々に関して、物議を醸していた記憶があるが)その点、人権などという単語はあって無きのごとしのパキスタン、日本より先行??しているわ。もっともGPSシステムと関連技術や追跡装置など(ドローンも)も必要で、警察車両4000台に装備されるとか。犯罪者は州境も越えられないらしい。

日本も猛暑日だというが、こちらイスラマバードも家中に居ながら「暑いな・・」としか言えない。1昨日はエアコン控えめで頭や足元がフワフワするような気がしたので、きょうは用心をして朝のうちからエアコンを入れ(家人は夏休みで出かけたままなので)犬たちを相手に「暑いなぁ」などと、しゃべっている・・パンジャーブ生まれのスタッフたちは暑さに強い、さすがだと思う。汗腺の数が違うそうだから、日本人や北方地域出身のスタッフとはまったく異なり、「熱中症になるから止めろ!」と言っても、平気でお陽さまカンカンの中で壁に這う枝を払っているし、警備のオジサンも生地の厚い制服をキチンと着込んでいる。東隣家では終日、造園のために何人かが働いているし、1軒おいた西隣でも新築工事のためにたくさんの労働者が(熱中症にならないペースでノロノロと終日)働いている。1年で1番、日が長い時期だから雇う方は働かせ放題?「得」な気がするのかもな。
オバハンなどはペラッペラ薄破れしかかった綿夏着(2か所は薄破れしているので裏からガムテープを貼っているが、洗濯の度に取れるので貼り直し)と、同じく薄いヨレヨレ膝下までの綿パンだけで、早い話が裸でない状態というだけだ。今朝は4時に地面が濡れるか濡れない程度の雨、最悪のパターンだったから余計に暑さを感じる。



月が目に見えて丸くなって来た、犠牲祭(巡礼最終日)まで後4日。イスラーム教徒の義務5つ(礼拝、断食、捨、巡礼、信仰の告白)の1つ、サウジアラビアへのハッジ(巡礼)には世界から約200万人の信者が集まるというから凄いが、6月は最酷暑月。今夏の巡礼期間中の最高気温は48℃まで上昇する見込みで、昨年だったかの熱中症患者数は8000人超えとあったような記憶あり。ただ、この巡礼も誰でもが参加出来るわけではなく、サウジアラビア政府から各国への割り当て人数が決まっている。この割り当て人数を確保する(出来るか、出来ないか)という、旅行会社間の権益争奪戦も熾烈だ。
日本も明日は猛暑になるというが、イスラマバードも今朝は10時で既に39℃、週末は44℃との予報だ。何しろ洗濯物、大きな布団カバーなども干して30分で乾くし、K2登山隊に持たせるための乾燥野菜なども、3kg分のオクラやニガウリが1日で150gと、20分の1の重量になるくらいカラカラに乾く。例によって朝からやせ我慢をしていたが、室温が30℃になった昼過ぎには、自室にも犬たち用にもエアコンを入れた。

時事通信の6月世論調査、前月比より下がって岸田内閣の支持率は16%、2012年に自民党が政権復帰して以来の低さだというが、鈍いのか太っ腹なのか、嵐はそのうちに過ぎ去る・・とばかり何を言われても岸田首相には馬耳東風なのかね。政治資金規正法改正なども中途半端というか、国民のみならず自民党内でも評価は受けていないのに、我関せず感バリバリ。増税メガネの岸田と言われて久しいが、昨日発表されたパキスタンの予算案も、IMFのご指導によるとはいえ増税の「津波」と表現されるほどで、パ政府の収益目標は拡大したが、コスト削減はなしと報道でも揶揄されている。
中産階級以上には重税、パキスタンの金持ちたちが挙って海外へ逃げて行くはずだわ・・

↑このページのトップヘ